施術を受ける事ができない人

1 疲労、衰弱がはなはだしい場合。
2 心肺等の重い疾患で脈が弱く早い場合。
3 38度以上の高熱がある場合。
4 悪性伝染病の疑いがある場合。(インフルエンザ等)
5 皮膚に炎症や広範囲の疾患がある場合。
6 法定伝染病・病原菌を拡大する恐れのある疾患・急逝炎症性疾患
 ・安静を要する内科重症疾患・血管に持病のある場合・出血性疾患・腹部の炎症等
 ・拡大又は、伝染の恐れのある皮膚病・安定剤・筋弛緩剤を服用した直後。
7 腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患
8 椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症
*7、8の場合でも、関連性の無い箇所への施術は可能です。
9 血圧の高い方は、病院での診察が必要です。平常時より血圧が高い場合は施術をお断りする場合があります。

施術を受けた後の注意点

1 筋肉がほぐされて血管が拡張し血液の流れが非常に良くなっていますので、入浴は軽めにしてください。

 (血圧がさらに低下し、気分が悪くなる場合があります。)
2 筋肉がほぐされて血管が拡張し血液の流れが非常に良くなっていますので、アルコールは摂取は控えてください。

 (アルコールが回りやすい)
*施術前のアルコールの摂取は厳禁です。
3 当日から翌日位に、眠気やだるさ、あるいは筋肉痛が起こる場合がありますが、 細胞が生まれ変わるときの好転反応として起こるものなので特に心配はありません。
4 次回、施療を受ける場合、より良い筋肉回復のため、3日間程度は空けてください。