背中・腰部への施術

背中への基本的な施術です。
*姿勢が悪くなると背中の筋肉群が硬くなります。

背骨に沿って走っている筋肉をやさしく『ほぐし』ていきます。
最初からグイグイと力を加えず徐々に強くしていく事で、心地よくほぐれていきます。

基本となる施術ですが、ファーストコンタクト(最初に触れる部位)になるので、施術を受ける方からの『フィードバック』を大切にしています。

背中がほぐれると血液やリンパの循環もよくなり、とても楽な気持ちになる事が多いです。施術中に眠くなる場合もあります

腰の浅層筋〜深部筋までを『ほぐし』ていく施術です。
 

*主に母指(親指)を使っての施術になります。
*加える『力と角度』に変化をつけやすいので多角的に心地よい刺激を加える事が出来ます。

腰を『ほぐす』時に必ず用いる施術法ですが、加える『力と角度』に変化をつけやすいので、あらゆるタイプの『コリと痛み、疲労』に対応できます。奥の深い施術なので、治療家の技術と経験、センスが問われます…。

腰の深部筋を『ほぐし』ていく比較的高度な施術です。
 

*深層部の筋肉を『ほぐす』事で、疲労が溜まりにくくなります。
*慢性的な腰の痛みへのアプローチとして最適だと思われます。

 

肘を使っての施術になりますが、基本的な背中の施術からの流れで行うので、体への負担はかかりにくくなっています。ただし、椎間板の変異がある場合や『ギックリ腰』などの急性傷害に関してはオススメはしていません。

*椎間板の変異(ヘルニア等)がある場合は、横向き(側臥位)での負担のかからない施術で対応していきます。