腰・臀部(側臥位)への施術

側臥位(横向き)で臀部の筋肉群を『ほぐし』ていく施術です。

臀部の筋肉群は厚みがあるためを『肘を使って横向きでの施術が多くなり』比較的高度な施術となります。
*臀部は比較的厚みのある筋肉のため前腕と肘を用いた施術が中心となります。
*臀部の筋肉群が非常に硬い場合は、最初に少し痛みを感じる場合がありますが、筋肉がほぐれてくると心地よい痛みに変わってきます。
*痛みを強く感じる場合はうつ伏せでの施術や母指などを用いたソフトな施術を行います。

 

臀部の筋肉群は、立ち仕事やデスクワーク等で動かさない事で固まる事が多いとされています。そして、臀部の筋肉群の硬さは、腰痛の要因となる事が多く、また可動のある骨盤の『ズレ』を引き起こす場合もあります。また、血行不良による『足先の冷え』の原因となる事も考えられます。

側臥位(横向きの体位)で腰部の筋肉群を『ほぐし』ていく施術となります。
 

*うつ伏せの体位のような腹部や腰骨への圧迫感がないので『ギックリ腰』や『妊婦さん』の対応が可能です。

*横向きで施術を行うと腰の筋肉群に多角的な刺激を加える事が出来るので、ほぐした後の不快な『揉み返し』を防ぎつつ、深部の筋肉まで『ほぐす』ことが出来ます。

ギックリ腰や妊婦さんなど…でうつ伏せの施術が出来ないとき…腰痛への施術としては最も適していると思われます。上記の臀部への施術と下肢(大腿部と股関節)への施術とセットで行うと相乗効果で筋肉がほぐされます。